住宅設備でいらないと思うもの②

食洗機

食器洗い洗浄機、略して食洗機については、数多くの意見が飛び交って、それについての感想もさまざまです。

私個人は、食洗機は不要派です。
今回はその理由について書いてみたいと思います。

食洗機必要派の言い分がどうも胡散臭く感じるのは、気のせいでしょうか?
今まで無かった機械を使うのは楽しいかもしれませんが、良いことばかりではないはずです。

私は自分の家で食洗機を使った事はありませんが、実家や知り合いの家で使用状況を見ました。
また、不動産業に勤務していたときに、お客様から食洗機についてのこだわりや意見をお聞きした経験から、記述したと思います。

① じゃま、音がうるさい

食洗機は場所をとります。後付の場合だと悲劇的に場所を取られ、一番目立つ場所に鎮座するありさまです。ビルトインであっても、その場所に収納できたら便利なはずです。

その上、洗浄中の音が結構大きくて、うるさく感じました。

手洗いで食器を洗っている時の音は、逆に気持ちの良い、癒やしの音です。

② 大きなものは入らない

実際、手で洗い物をして困るのは重くて大きい物です。ですが、食洗機には入らないことも多く、肝心なところで役に立たないのはどうかと思うのです。

洗い物をしたくないから設置したのに、洗ってますよね。食洗機に入らなかった洗い物、しっかりやってますよね。

③ メンテナンスとか面倒

食洗機推進派は、メンテナンスが簡単だと主張しますが、キッチンの仕事は一つでも省きたいから食洗機を使うのではないのでしょうか?

その点では、簡単なメンテナンスでも、たとえフィルターをちょっと掃除するだけでも、手間が増えることには変わりないので、面倒です。

その上、故障や不具合があると、メーカーの出張費や、修理費などがかかるとは、とんでもない話だと思います。

私は、面倒な上お金が減る機械はいりません。

④ 節水?

推進派は、節水も謳っていますが、別に食洗機に頼らずとも、節水くらいできますよ。

食洗機はめちゃめちゃお湯使うじゃないですか。熱湯を電気で沸かして。何してくれてるんですか?
電気代のこと考えてますか?

電気は置いといても、節水は手で洗ってもできます。

一般的な洗い物の方法では、確かに水を多く使います。油ものも全部一緒に合成洗剤で泡だらけにして、その泡を全部きれいに落とすには、それなりの水量が必要ですが、洗う前に食器をボロ布やペーパーで拭き取ってから、ぬるま湯で洗うと洗剤も水もそれほど要りません。洗い物の節水の仕方は、この他にもたくさんあります。

節水とは機械に頼るのではなく、自分で工夫して行うもの、と私は考えています。

⑤ 家族関係が冷たい

不動産の仕事をしていたとき、食洗機を設置したがる人の話を聞いていると、人間関係にに冷たいものを感じました。

夫婦やカップルなら、女性だけに家事を押し付けて当然だという態度の男性、それに反論しないおとなしい女性、またはその反対もありました。

一緒に食事をしているなら、一緒に片付けてはどうでしょうか?
片方だけに洗い物を押し付けてダラダラしないで、おしゃべりでもしながら一緒に片付けましょう。

私は、洗い物を一人に押し付けるのは、冷たい仕打ちだと感じます。
そのような家庭では、食洗機が欲しくなるのも当然です。

⑥ 一人暮らしなら

食洗機に入るだけの食器しかない、一人暮らしなら、良いかもしれないです。食器棚が要らないし、何日か家に帰らなくても、洗い物がそのままということがなくなりますから。

それでも、ちょっと洗えば良い話。

高い食洗機を買った!という自分へのご褒美か、周囲に自慢する目的しか価値がないように感じますけど・・・。

☆ それでも使いたい人は使えば良い

それぞれ好きにすればよいとは思います。
私としては、良いことばかり謳う商品やサービスは、いったん疑うクセがあるので。