あえてウィンカーを出さないとき

出さないのは違反です

車を運転しているとき、ウィンカーをタイミングよく出すのは安全上必要なことで、普段運転している人たちは、無意識にしていることでしょう。

ウィンカーを出すことなく急な車線変更や右左折されると大変危険で、怖い思いをすることもしばしばです。

それでも私はあえてウィンカーを出さない場合があります。

本線などの広い道路を走っているとき、左に車線変更する場合は、後方からの安全を確認しながらウィンカーを点滅させます。
・・・が、時々これが逆に危険な場合もありました。

それは、寄ろうとしている左車線に対して直角に、狭い脇道から出ようとしている車が待機しているときです。

脇道は狭く車一台分しか通れない幅で、本線に出ようとして待っている車の運転手が、左にウィンカーを出しながら近寄ってくる車(私の方)を見て、脇道に入るのだと勘違いしたのか、急に飛び出してくる場面が何度かありました。

そんな場所で車線変更しなくてもよいのでは、と思われるかもしれませんが、そこで車線変更しておかないと、その先では車が混んで入れません。

しかも、そんな場所に限って減速する必要があるため、脇道に入るのだと間違えられやすいのです。

車が前に飛び出してくるのは、本当に怖い。

いつも通っている道に限りますが、脇道に待機している車が多い場所を覚えているので待っている車が見えたら、ウィンカーを出しません。

ウィンカーを出さずに車線変更することで、後続の車に危険を及ぼすことは当然予測できるので、後方にも注意しますが、間違いなく違反行為なので、やりたくはありません。警察に停止させられたらどうにもならないし。

広告



ところで、ウィンカーを出してはいけないところで、出す車が多い箇所を知っていますか?

それは、直角に曲がる ”直進” する道です。

街中では所々、直進に見えるまっすぐな道が実は右折だったり左折だったりします。道路に白い線が塗ってあるのでよく見なくてもすぐにわかるはずなのに、そういうところに限って几帳面にウィンカー出す人が多いのはなぜでしょう。わかりません。

自動車学校では、直進でウィンカー出すと怒られましたけどね。